W洗顔不要クレンジングの選び方

W洗顔不要クレンジング 画像

ここ数年でW洗顔不要クレンジングもたくさんの種類が
販売されてきているので、どれを選んだらいいかわからない
という人も多くいらっしゃるのではないかと思います。

 

いくつかポイントを分けて、おすすめのタイプを紹介して
いきたいと思いますので、商品選びの参考にしてみて下さい。

 

 

W洗顔不要クレンジングの形状、タイプ

 

リキッドクレンジング

W洗顔不要クレンジング 画像

 

鉱物系のオイル以外の植物由来オイルなどを含んでいる
ことが多くあります。メイクを落とすクレンジング力が高く、
通常のオイルタイプに比べて肌への負担が少ないことが特徴です。

 

 

ウォーター、ローションクレンジング

W洗顔不要クレンジング 画像

 

こすらずに汚れを浮かせて落とすことが出来ます。
軽い使い心地でべたつきがなく、肌なじみがいいので朝の洗顔時に
使う人も多くいるようです。

 

 

バームクレンジング

W洗顔不要クレンジング 画像

 

しっかりと肌に密着し、汚れを吸着してくれます。
マッサージやパック効果がある多機能クレンジングが多くあります。

 

 

ジェルクレンジング

W洗顔不要クレンジング 画像

 

油分はほとんど含まれず、さっぱりとした使い心地。
液垂れしにくいので、お部屋や洗面所でのメイクオフにも最適です。

 

泡クレンジング

W洗顔不要クレンジング 画像

 

こちらも肌をこすることなく、泡を動かすことで汚れを浮かせる
ことが出来ます。洗い上がりのさっぱり感が強いので、
脂性肌の方に特におすすめです。

 

 

肌タイプなど

 

敏感肌、乾燥肌の方

W洗顔不要クレンジング 画像

 

オイルが含まれていると肌が乾燥しやすいので、オイル成分が
少ないもの、配合されていないものがおすすめです。

 

また、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が
たっぷりと配合されているものも販売されています。

 

 

年齢肌の方

W洗顔不要クレンジング 画像

 

洗いながら美肌成分を肌に浸透させる作用があります。

 

シミ、シワ、くすみ、たるみなどの改善、美白効果などがある
成分が配合されているものを選ぶことが年齢肌に有効です。

 

 

無添加処方

W洗顔不要クレンジング 画像

 

石油系界面活性剤をはじめ、合成香料、合成着色料、鉱物油などが
配合されていないものを「無添加」と称しています。

 

指定成分をひとつでも配合していなければ、「無添加」として
販売することが出来ますが、パラベン、アルコール、石油系油脂など
肌の負担となる成分を徹底的に排除したものもあります。

 

 

使いやすさ

 

濡れた手でも使える

W洗顔不要クレンジング 画像

 

お風呂場で使用することが多い方、スチームなどで
毛穴ケアをした後に洗顔をする場合などにとても便利です。
濡れてしまってもいちいち拭き直したりする必要がないので
いつでも手軽に使うことが出来ます。

 

 

洗い流し不要

W洗顔不要クレンジング 画像

 

ウォーターベースなどで、肌に負担のかかる洗浄成分が
入っていないものは洗い流しがいらない場合もあります。

 

仕事から帰宅して、すぐにメイクを落としたいけど
しっかり洗顔したり、シャワーを浴びるのは面倒…という時や
メイク直しの際にとても重宝します。

 

 

まつげエクステOK

W洗顔不要クレンジング 画像

 

オイル成分、美容成分などがエクステの接着力を低下させる
ことがあり、まつげエクステをしている場合使えない商品も
多く販売されています。

 

そんな中でまつげエクステOKであれば、別のリムーバーなどを
使う必要がないので便利です。

 

 

これらはあくまでもポイントとしては一部です。

 

「肌を清潔にすること」だけにこだわったシンプルなものから
美肌効果に優れた高機能なものまで、多種多様のクレンジングが
あるので、口コミなども参考にしてしっかりと比較しましょう。