W洗顔不要クレンジングの効果的な使い方

W洗顔不要クレンジング 画像

W洗顔不要クレンジングの基本的な使い方は、

 

1.手に取ったクレンジング剤を顔全体に広げる
2.優しくなじませてから水やぬるま湯で洗い流す

 

と、非常に単純で簡単です。

 

 

だからこそ、わかっているつもりで説明書きなどを読まずに
クレンジングや洗顔料を使用している人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、間違った洗顔方法を続けていると、シミやシワを
作る原因となり、老化を早めたり肌トラブルを招いてしまうのです。

 

 

ここでは、どのクレンジングを使う場合にも当てはまるような、
大切なポイントを紹介していきたいと思います。

 

自分の行っている洗顔方法と照らし合わせながら、
ぜひチェックしてみて下さい。

 

 

洗浄力についてのポイント

 

乾いた手や顔に使用する

 W洗顔不要クレンジング 画像

 

これはW洗顔不要クレンジングに限らず、メイク落としを
使用する時全般のポイントとも言えます。

 

これは含まれているオイル成分などが、水分を含むことで
乳化してしまったり、薄まってしまったりするためです。

 

中には濡れた手でも使用出来る商品もありますが、
そういったものでもやはり、乾いた状態で使用した方が
洗浄力がアップします。

 

 

適量使用を心がける

W洗顔不要クレンジング 画像

 

決められた量を守って使うことは大切です。

 

少なすぎると摩擦力が上がってしまい、肌を傷める原因に
なりますし、多すぎても肌残りしやすくなります。

 

 

メイクの状態などで使い分ける

W洗顔不要クレンジング 画像

 

ウォータープルーフのマスカラなど、特に落ちにくい
ポイントメイクの場合には、念入りに落とそうとして
強くこすりすぎてしまうことがあります。

 

また、濃すぎるメイクを落とすと顔全体のその汚れを
広げてしまうことになり、肌に悪影響を与えます。

 

それらの場合には、先にポイントメイク用のリムーバーなどを
使うようにしましょう。

 

 

まつげエクステの方は要注意

W洗顔不要クレンジング 画像

 

まつげエクステを使用している場合、接着力を下げてしまうなど
の影響があることから、目元には使えない場合があるので、
商品ごとの注意書きをよく確認するようにして下さい。

 

 

美肌効果を高めるポイント

 

こすらないこと

W洗顔不要クレンジング 画像

洗顔時にとても重要なポイントです。しっかりと汚れを落とそうとしたり、
急いで落とそうとすると強くこすってしまう傾向にあります。

 

必要以上の刺激を与えることで、肌を傷めて固くしてしまうので、
気をつけて下さい。

 

軽く表面を滑らせる程度の強さで、くるくると小さな円を
描くようにすると汚れも落ちやすく、肌への負担も軽減されます。

 

 

すすぎは水かぬるま湯で

W洗顔不要クレンジング 画像

 

温度が高いと、必要な皮脂まで落としてしまいやすいので、
洗い流す際、あまり熱すぎるお湯は使わないようにしましょう。

 

 

タオルでの摩擦に注意

W洗顔不要クレンジング 画像

 

タオルを軽く肌に押しつけるようにして水分を取ります。

 

洗顔後は、肌バリアが弱っている状態なので、摩擦や刺激に
弱い状態になっています。そのため、洗顔後に顔を拭く時、
こすらないように気をつけて下さい。

 

あまり意識していない人も多いかもしれませんが、
この点を変えるだけでも、肌状態にかなり違いが出るようです。

 

 

以上、W洗顔不要クレンジングを使う時に覚えておきたい
ポイントでした。

 

毎日行うことだからこそ、ポイントを抑えておくだけでも
大きな差が出るものだと思います。

 

 

上に挙げたことは、どれもむずかしいことではなく
今日から始められるものばかりです。

 

最も基本的で、最も大切な「顔を洗う」というスキンケアを
今一度見直してみてはいかがでしょうか?